So-net無料ブログ作成

夏休みの自由研究 [育児]

昨日、夏休みの作品を飾りました。

最近は、何日もかけて作った、気合いの入った作品を持ってくる子は少ないような気がします。
本屋でも自由研究のコーナーがあるし、ホームセンターなどでも手芸や工作のセットが売ってるし。
ああ、これを買ったのねって作品がほとんど。
1日ででき上がるものばかり。
ちょっと残念。

私が子どもの頃は、もっと気合い入ってたけどなあ。
親が手伝ったであろうことは明白でも、自分で一から作った木工作や手芸の作品がならんだけどなあ。
何日もかけて親子で作るのが、夏休みの作品のよさだった気がするのですが。
みんな忙しいのかなあ。

と、いいつつ我が家でも、1日で絵を描いて終わったぱる(4年)。
ま、こんなもんでしょ。

たつぴち(6年)は、理科の自由研究という宿題だったので、食塩水と物の浮き方を調べました。
これはなかなかがんばりましたよ。

だんなが食塩水を作り、家にあった野菜や果物、卵なんかを入れていきます。
ミニトマトとナスとキュウリとブルーベリーは我が家で収穫したもの。
他に、なし、卵、トマト、じゃがいもの8種類で調べました。
塩分濃度を変えて調べるのに1日がかり。

たつぴちが写真を撮り、私がパソコンで枠を作り、まとめるのはたつぴち。
パソコンと格闘して3日かかってました。
まあまあのできかな。

さて、どんな結果が出たでしょう?

続きを読む


悪い大人といい大人、どっちが多い? [育児]

最近、また小さな子どもが命を奪われる恐ろしい事件が続いています。

小戸公園の事件を受けて、さっそく金曜日は集団下校。
お母さん方や地域の方々もたくさん見回りしてくださいました。

もちろん学級指導も念入りに。

でも、こんな事件に対処するための指導を、事あるごとに念入りにやっていると、

この世の中、子どもに危害を加える大人でいっぱい。
この世の中、だれも信用してはいけない。

だんだん、そう教え込んでしまっているような気がしました。


「最近、怖い事件が続いているけど、この世の中、そんな悪いことをする大人といい大人、どっちが多いと思う?」

「悪い大人!!」即答。

・・・やっぱり。

ついつい怖い人と出会ったら・・・と、そんな話ばかりしてしまうので、悪い大人がいっぱいいるイメージになってしまったのでしょう。
もっと、子どもたちのために動いてくれている、いい大人たちのことをアピールしとかないと。

「確かに怖いニュースが続いてるから、そう思っちゃうね。でも、よく考えて。
そんな悪いことをした人は一人です。
その一人の悪い大人から、みんなを守ろうとパトロールしてくれたのは何人?
みんなのお父さんやお母さんは、みんな悪い人なの?
このクラスだけでも60人以上の人が、みんなを心配しているよ。
どう?世の中、悪い大人といい大人、どっちが多い?」

「いい大人!!」

「そう、みんなを見守ってくれている大人がほとんど。
たくさんパトロールしてくれていたでしょう?
パトロールしてくれている大人を見かけたら、疑うより、しっかりあいさつしよう。
感謝しよう。
あいさつや感謝の気持ちが、みんなの命を守ってくれるよ。」


小戸公園の事件。
やっぱりお母さんでしたね。
親ならピーンときます。
すぐわかります。

お母さんが、わが子の命を奪わなければならないほど、追い詰められてしまったのはなぜでしょう?
子どもを守ることも大切ですが、子どもを守るお母さんを守ってくれるのは誰でしょう?
相談できる人はいなかったのかなあ・・・。
とっても悲しい事件でしたね・・・。

自分にご褒美作戦のおまけ [育児]

自分にご褒美作戦でがんばっていますが、さらにうれしいおまけも発見。
ってほどじゃないかもしれませんが。
私にとっては、ここんとこ、目から鱗の毎日なんです。

自分が自分にできたらご褒美をあげることを、子どもたちがしてくれたら、思わず、素直~に「ありがとう!!」って言葉が出てくるんです。
「わあ、自分で気付いてできたんだ、すご~い!」って。

よく、子どもはほめて育てると言いますが、それにはまず、自分で自分をほめることができるってことが大切なようです。
だらしなくって、とても自分をほめることのできなかった自分は、人をほめるのもへたっぴだったな~っと思いました。
そうやって、ぽろぽろほめ言葉が出てくると、子どもたちも、どんどんやる気になります。
自分のことはもちろん、お手伝いまで得意になってがんばってくれています。
ほめられることの気持ちよさをたくさん刷り込んでおきましょう。
たくさんほめてもらった子は、きっと人にも何かしてあげたくなるだろうし、人がほめられているのを、ねたむのではなく、一緒に喜べる子になるんじゃないかな。

学校ではよく、自尊感情って言葉が使われます。
まずは、自分だったんですね~。
自分を自分で大切にする。
そうでなきゃ、人を大切にできるわけがない。
そんなこと、分かってたつもりなんですけど、だらしない!!って自分をほめられなくなっていた自分に今頃気付きました。

人は変われる。
周りから見たら、きっとまだな~んも変わってないんでしょうけど、私の中では大きな変化が起こってます。
たぶん。
もうすぐ夏休みが終わる・・・やらないといけないことが山積みなので、そんなことを考えると、ちょっとパニックに陥りそうになりますが、落ち着いて。
できることからちょこちょこ。
ちょっとでも自分にご褒美・・・で楽しくがんばろうっと。

運動会3連続。 [育児]

ここ数日寒かったのに、こんどは暑い!!
そんな中、メアリーローズさんに続き、グラハムトーマスさんも開花![ぴかぴか(新しい)]
なんとも言えない色・・・花びらの質感。
美しい~・・・[ハートたち(複数ハート)]
つぼみも美しい♪
朝日に輝いて開花!
お昼には全開。
メアリーローズもまだまだ咲いています。
双子のメアリーローズ
少し色が濃いですね。

話がそれました。

今日は前の学校の運動会でした。[晴れ]
練習、大変だっただろうなあ・・・。
以前持っていた子たちは5年生、はりきって委員会のお仕事をしていて安心しました。
私を見つけて、うれしそうにかけよってきてくれる子どもたち。
やっぱり・・・かわいい!!
去年は大変だったけどね~。
それだけに、いとしい子たちです。
ソーラン節をとってもかっこよくおどっていました!!
担任の先生方、お疲れ様です。

さあ、来週は我が子の運動会です。
どうなることやら。
その次の週は、中学校の運動会。
家が近いので行かねば。
我が子たちもそのうち通う中学校だし。
しかし、3連続で運動会はちょっとしんどいですが。
楽しみ。
自分の学校は秋に地域といっしょにあります。

今度は下の子。 [育児]

お花いっぱい♪
ここ数日の暖かさでいっぺんにお花が咲いています。
ミニバラが咲きました♪
やっとバラが咲きました。
ピンクのミニバラがいちばーん。
イングリッシュローズもしっかりつぼみが膨らんで、明日にも開きそう♪
チューリップは終わったけど、次から次にお花が咲いて、とってもお庭がにぎやかです。
お庭に出るのが楽しくってしかたありません。
癒されます~。

はー。
今度は下の子がやってくれました・・・。
4年生とけんか。
結果ペットボトルを投げつけた我が子も悪いですが、1年生を棒で殴った4年生は、どーかと思います。
学校に呼び出されましたー。

向こうから先に謝ってくれたし、うちの子も悪いんで、お互いに「ごめんなさい」で終わりました。
まったく・・・。
今日も担任の先生から、心配して電話が・・・。

これからもお世話かけます。
よろしくお願いします~。


さて、今から久々にお出かけします。
学校で一人一鉢、ミニトマトを昨日植えました。
明日水遣りができないので、学校に水遣りに行ったら、すでに誰かがしてくれてました。
どなたでしょう。
とっても助かりました。お礼をいわねば。

ショック・・・ [育児]

お久しぶりです。

あまりの忙しさに何もできませんでした。
そして、そのせいで、我が子がピンチに・・・。



昨年は、子ども会の役員、仕事でのトラブル、いろいろあってほとんど我が子のことがほったらかしになってしまった。
仕事の量が私の処理能力を超え、精神的にも余裕がなかった。
あまりに余裕のない私を心配してくれる夫とも言い争いが増え・・・。
まさに家庭崩壊の危機!!という感じだった。
そして、そのまま異動。
ようやく乗り越えたと思ったのに・・・。

異動先に慣れるのに時間がかかり、下の子は新1年生だというのに、ほとんど何もしてやれない。
忘れ物が多く、「いっしょに時間割をしてあげてください」と連絡帳に書かれてくる始末・・・。
今までは、朝早く起きて仕事をするだけで済んでいたが、年度始め、しかも異動したばかりでわけがわからないので手間がかかり、夜も仕事をしないと追いつかない。
帰りも遅いので、夕食もまともに作れない。
夜仕事をしていると、下の子が
「お母さん、なんでそんなことになったと?」

これじゃあいかんと思うけれど、どうしようも・・・。
さらに今度の職場は、夜出て行かなければならないことも多い。
そこへ追い討ち、5年研修・・・。
また私の処理能力を超えようとしている。

そんな中、下の子の心配をしていたら、上の子まで・・・。
上の子はけっこうしっかりしていて、自分のことは自分でできていた。
しかも、毎日お風呂掃除も自分でして、入っていたりする。
あまりに忙しい両親を気遣い、困ったことがあってもほとんど何も言わなかった。
・・・それがいけなかった。

昨日、赤白ぼうしだけが、洗濯機の横にころんと落ちているのを発見。
?体操服入れはどこに?
3年生になってから一度も持っていっていないことが判明。
あらためて見てみると、宿題もまともにしていない。
「何で言わなかったの?!」
思わず怒鳴ってしまった。
ちゃんと用意してやっていない私が悪い。
宿題はやったかと聞くだけで、見てやりもしなかった私が悪い。
胸がぐっと痛くなった。
「ごめんね。ちゃんとしてないお母さんが悪かった。」

忘れ物は親の責任だ。
はっきりと思った。
「ないものをそろえるのはお母さんの責任、ないものをないと言うのはあなたの責任。」
今度から困ったことがあったら、ちゃんと言うことを約束した。
しかし・・・3年生になって一度も・・・まるまる1ヶ月体操服を持っていっていない?!
毎日連絡帳は見てくれているようなので、ちょっと担任の先生が知らせてくれたら・・・と思ってしまった。
私も気をつけよう。

さらに、2年生のとき仲のよかった子たちは、みんな違うクラスとなり、ひとりぼっちでいるようだ。
何で、そんなクラス替えになる?2クラスしかないのに。
私は絶対そんなことしないぞ!!
前の担任にもちょっと腹が立った。
そんなところに、毎日忘れ物。
ますます、友達ができずに悩んでいたようだ。
朝になると、おなかが痛いと言い、学校に行くのをしぶったこともあった。
おとといの遠足も、誰とお弁当を食べたか聞くと、みんな違うクラス。

ショック・・・。
「まさかうちの子にかぎって・・・。」
これは危険な考え方と知っていながら、今、まさにその状態。
情けない。

親として、とても反省させられた。
親として、一つ、とても大切なことを学んだ。
仕事が忙しい?言い訳だ。
自分の心配しかしていなかった。
しかし、とっても心身ともにしんどくて、倒れそうなくらいであったことも確か。
倒れても困るし・・・しかし、もっとがんばらないと!!

さ、書いたらすきっきりした。
よし、いいこと学んだぞ。
それを生かしてがんばるぞ。
子どものためなら何でもできる!!
私も、言うべきことはちゃんと言わないと。
夜の出勤は減らしてもらおう。
今年度は家庭を大事にしなくては。
家庭あっての仕事だもの。

こんなもんです・・・。 [育児]

DSC04170.jpg
ぐんぐん大きくなったモリシマアカシアに登る上の子。
木登りを楽しめるほどでっかくなりました。
すごいぞ!モリシマアカシア。


さて、本日修了式前の最後の日。
ランドセルにたっぷりテストやプリントを持って帰ってきました。
その中には、提出締め切りのあったものも・・・。

もしもし[むかっ(怒り)]
とっくに書いて持たせたはずなのに。
[exclamation×2]給食エプロンも転がってるよ!!
・・・まったく。

きっと担任の先生や留守家庭の先生も困ってあったことでしょう。
せっかく作ったプリントも、わけも分からずぐちゃぐちゃ。
我が子ながら凹みます・・・。[バッド(下向き矢印)]


自分のクラスの子もきっと同じような状況なのでしょうね。
一生懸命やればやるほど凹みます。[バッド(下向き矢印)]
でも、我が子もそうです。
こんなもんなんです。
何とかすぐにゴミにならない方法を考えないといけませんね。
負けないぞー!![グッド(上向き矢印)]

お天気がいいけど・・・お仕事。 [育児]

ジンチョウゲもこれ一つきり咲いてるのを見つけました。
植えたばかりなので期待してなかったのですが、
か、かわいい~![ハートたち(複数ハート)]
DSC04162.jpg
根元に近いので、はいつくばってくんくんしてみました。
いい香り~[ぴかぴか(新しい)]

[晴れ]土日、とってもいいお天気でした~。
あったかくって、どこかへお出かけしたくなります。[車(RV)]

が、成績付けや通信表書きがあるのでお預けです・・・[バッド(下向き矢印)]
上の子も、計算ドリルや漢字ドリルをたっぷりためていて・・・[雷]
いっしょにがんばるぞ~!!

それでも、お昼をさくらんぼのお花見しながら食べました。
ちょっと風は冷たかったけど、気持ちよかったです。

さくらんぼ満開♪ [育児]

予想通り。
昨日は下の子の卒園式。
お天気もよくて、いっしょにお祝いをしてくれるように満開です♪
DSC04149.jpg
小さな木ですが、今年は手をかけた分、こんもり満開です♪
DSC04151.jpg
今年はたくさんさくらんぼが実ってくれそうです。
早くゴールデンウイークにならないかな~。


卒園式は泣けました~。
これで5年通った保育園ともお別れ。
うれしいけれど、寂しさの方が大きいです。[バッド(下向き矢印)]
・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

反省文 [育児]

DSC04119.jpg
昨日帰ってきて、仕事先から電話が入った。

下の子が、「どこから電話?」と聞くので、「学校から」と答えると、
なんだか上の子の様子がおかしい。
上の子の通う学校から電話があったと勘違いしたらしい。
「たっくん、何で電話があったかわかっとう。ちょっと待って!!」
と、なにやら作文用紙を取り出す。
学校から電話がかかってくるほど悪いことしたんかい[むかっ(怒り)]

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。