So-net無料ブログ作成

Think globally, Act locally!

研修会で知った言葉です。

この研修会では、シエラレオネという国の現実を初めて知りました。
ショックで胃がねじれる思いでした。
こんな現実があるのに、なぜ私は今まで何も知らなかったのか?!!


でも、この一言で救われた思いがしました。

自分にもできることがあるとようやく知ったこの一言。

大きかったです。

自分にも、

そして、今、子どもである目の前の子どもたちにもできることがある!!


たとえば・・・戦争。
簡単にいえば、国と国との喧嘩。
大人の喧嘩。
最大の暴力。

どんな小さな暴力も許したくない!!


この気持ちを持って平和学習をした後、ミホさんがこんな感想を書いてくれました。
「(戦争は)ただ、私たちがとめに入ったって、とまるわけありません。 だから、小さな平和をつくることです。友達と仲良く分け合ったり。 それがどんどん広がっていって、戦争がとまると思います。 願うことは今でもできること。 友達と仲良く何かを分け合ったりするのは簡単にできるから、 がんばってやればこのクラスも、世界も、みんなが平和になると思います。」

戦争をなくすには、自分たちが仲良くしていることが大事。 平和は教室から・・・。
・・・感動しました。

今も私は、未来の大人である子どもたちを目の前に、このことを伝えたいと教師をしています。

「平和は教室から」

これまで、 私は、子どもたちは喧嘩しながら成長していくと考えていました。
でも、それは喧嘩じゃないんです。

よく考えると、それは意見のぶつかり合い。
話し合いです。
いろんな子どもたちがいるので、トラブルはあって当たり前。


その解決方法が問題なんです。

言い争っても、それが話し合いなら成長しあえると思います。
でも、喧嘩だと、それは成長にはつながりません。


喧嘩両成敗。
・・・昔から言われるように、けんかは悪いことだと考えるから、喧嘩両成敗と言って両方叱られます。

なのに、教育現場では結構、勘違いして、喧嘩してもいいなんて考え方が残っています。

喧嘩したら叱るくせに・・・。
暴力はいけないと叱るくせに・・・。


私は、どんな争いも嫌いだとはっきり伝えています。
戦争は絶対に嫌だから。

今戦争になったなら、犠牲になるのは、明らかにわが子たちです。
目の前にいる、子どもたちです。

今、戦争になったら、地球にとっても取り返しのつかないことになるでしょう。

そんなこと、絶対に耐えられません。



日本では、勧善懲悪なら暴力もOKと、伝えているような気がします。
子ども向けのヒーローものや、アニメに?!と思うのは私だけでしょうか。

ゲームなんて、けっこうひどい・・・。
アンパンマンくらいなら、OKと思いますが・・・。

小さな暴力も許したくない。

間違っていますか?

今、1年生の担任です。

一生懸命このことを伝えています。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 2

goriya

はじめまして。
新着記事からきてみました。
わが子をこのようにご自分の考えをしっかり持たれた先生に
習わせたいです。

by goriya (2009-10-04 07:36) 

oko

はじめまして。
めったに更新しないんですが。
見つけてくださってありがとう♪
しかも、そんなふうに言ってくださって、とっても嬉しいです。
元気が出ます。
日曜日は運動会です。
がんばります!!
ありがとうございました♪
by oko (2009-10-09 06:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。