So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

何年ぶりか・・・ [雑感]

あけましておめでとうございます。

とりあえず、新年のごあいさつ。

数年前に更新したままほったらかしになっていました。


現在、違う区の小学校に異動しています。

もう、3年たとうとしています。


前任校では低学年ばかりをもっていましたが、
ここで初めて6年生を担任!!
昨年度は必死でした・・・。

なんとかなるもんですね。
無事、卒業させることができました。
それはそれは忙しく、大変な日々でした・・・。

でも!

子どもたちが最高にすてきな1年に変えてくれました。
高学年もいいかなあ~と思った1年でした。


そして、現在。
5年生を担任しています。

これで、全学年コンプリート。

・・・5年だ!!

間違いない。

一番忙しくて命の危険さえ感じるのは。

8月には原因不明の腹痛で2週間入院しました。
夏休み中でよかったー。

・・・って、夏休みを全部棒に振ったんですが[たらーっ(汗)]
健康第一です。

今年のめあては、無理をしない。
無理をしなくてもいいように、計画的に動く。

初めての学年は先が読めないのでなかなか難しいのですが。
となりの「おすすめ!」の欄にある本を読みまくって
何とか自分をコントロールしようとしているところです。

メンタリストのDaiGoさんの本とか、とってもおすすめ!
時間がなく忙しい人に超おすすめです。

時間がないからこそ、朝の瞑想を習慣にしよう!と思っています。
(「めいそう」って打ったら「迷走」って誤変換・・・確かに血迷ってるかも)

まだ一度もしてないけど・・・。

明日から。

ミッフィーちゃんのにおい [学校]


5年生のある子が私のにおいをかいで、
「先生のにおい。」
と、いつも言います。
何か、いつも同じ匂いがするそうです。
5年生は、2年生のときに担任した子どもたちです。

く・・・臭いのかな?
夏は自分でも分かるくらい汗臭かったし。
ま、エアコンもない学校ではみんな汗びっしょりで臭いですけど。

家のにおい?
うちを建てたばかりのときは、
「仏壇のにおいがする。」
と、言われたこともありました。

洗剤のにおい?
液体せっけんで洗っていますが、しばらくすると、石鹸のにおいがなんとも臭いときが。

加齢臭?

「先生のにおいって、どんな匂いなの?」
思い切って聞いてみました。
いろいろ上に書いたようなことを言ってみたけど違うらしい。

「うーんとねー、ミッフィーちゃんのにおい。」

「は?何それ?ミッフィーちゃんって・・・臭いかいだことあるの?」

「そうじゃないけど、ミッフィーちゃんっぽい。」

するといっしょにいた別の子が、
「わかる、わかる!やさしそうなうさぎさんのにおい。」

「やさしいにおいがするの。」

「そ、そうなの?怖いにおいって言われなくてよかった。」

なんだかよく分からないままですが、やさしいにおいがするんだそうで・・・。
臭いわけではないので安心しました。

それを聞いた教育実習生も同感だそうで。
私のクラスも私のにおいがするそうです。

?私のカラーにクラスが染まっているってことでしょうか?

いいのか悪いのかよく分かりませんが、「やさしいにおい」と言ってもらえると、
何だかうれしかった出来事でした。


運動会が無事終わりました。
ドタバタの毎日でした・・・。
子どもたちも落ち着かなくて大変。

これでやっと一息・・・つきたいところですが、次は音楽会が待ってます。
曲は決まっていますが、まだまったく練習していません。
子どもたちが演奏できるようアレンジしないといけないし・・・。
ま、間に合うのかなあ?[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]
いつになったら落ち着けるかな?[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

みんなちがって みんないい [学校]

毎年、この時期、人権のポスターや絵を描いています。

そこで、「人権って何?」
そう聞かれたら、どう答えますか?
とても大切なことなのですが、子どもたちに分かりやすく説明するにはどうしたらいいのか難しく、
毎年とても悩みました。

1年生には、「みんな仲良く楽しくすごすこと」と話していました。

でも、もう3年生。
しっかりと意味を理解してほしいと思い、1時間とって話をしました。

「人が人らしく、幸せに生きる権利」
戦争、暴力、悪口、無視、いじめ等、この権利が奪われている状態を考えさせると、
少し分かってくれた様子。

「権利」って?これがまた難しい・・・
「してもいい、しなくてもいい」と、話すと、
「わがまま~」という反応。
つまり、自由とか権利には、義務がついてくることを話しました。

「わがままはだめだよね。 『してもいい』は、人の嫌がることをしなければ、『しなくてもいい』も、人に迷惑をかけたり、自分が後で幸せじゃなくなったりしないならばってこと」
そんな話をすると、ようやく納得。

さらに、「幸せに生きる」ということは、
「人には長所や短所もあるけれど、ありのままのあなたでいい権利」でもあることを話しました。

短所は裏返せば長所でもあり、自分の短所を全て取ってしまうと自分でなくなる・・・
ちょうど国語で金子みすゞさんの「わたしと小鳥とすずと」を学習したばかり。

だから、「みんなちがって みんないい!」

みんなとってもうれしそうに納得していました。

最後にこの本を読みました。

たいせつなこと (ほんやく絵本)

たいせつなこと (ほんやく絵本)

  • 作者: マーガレット・ワイズ ブラウン
  • 出版社/メーカー: フレーベル館
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: ハードカバー



その後、ちょっぴりですが、やんちゃな子も叱られる回数が減りました。
または、叱られたら、なぜ叱られたのかすぐに理解してくれて、
素直にごめんなさいが出るようになりました。

子どもたちにとって難しい話も、たまには一生懸命しないといけないんだなあと思いました。

子どもだからまだ分からないだろう・・・ではなく、
1人の人間として対等に話をすることの大切さを痛感しました。
これも、人権を尊重することですよね。

子どもたちの人権をもっと尊重しなくては。
・・・反省。

号泣 [雑感]

浮かれていたら・・・

悲しいお別れがありました。

涙が止まりませんでした。

永遠のお別れではないけれど、

近いけれど遠い・・・それが悲しくて。

お別れの原因を作った人たちはまったくそれに気付いていなくて。

せつないなぁ・・・。

ちょっと気持ちを吐き出したくなりました。


心が解放されると、すごく傷つきやすくなっているのを感じます。

人の気持ちにもとても敏感になります。

それって、しんどいなあ。

鈍感なままの方がよかったと思ってしまう。

でも、これが生きている痛みなのだと思います。

痛いって感じていれば、きっと治る。


心の傷は治らないなんて言うけれど、それは嘘だなと思う。

痛いって感じた傷は必ず癒える。

それには、弱くなった心を支え、助けてくれる人がいないと苦しいけれど、

助けてくれる人もきっといる。


意味が分からないかもしれないけれど、

ちょっと書かずにいられなかったので。

書くことも癒しだなあ。

買っちゃったー♪ [雑感]


買ってしまいました・・・。

SONY デジタルHDビデオカメラレコーダー PJ40V シルバー HDR-PJ40V/S

SONY デジタルHDビデオカメラレコーダー PJ40V シルバー HDR-PJ40V/S

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス


sonyの戦略にとっぷりはまってて、vaioだしαだしウォークマンだし。
テレビも、DVDレコーダーも。

海につかって壊したのも、すっごいお気に入りだったのです。
次に買ったのはビクター。
確かに画面はきれいなんだけど、音と手ぶれのひどさが気になり、
のりかえることに。
画面がいくらきれいでも、運動会などで遠くに小さく映った我が子がブレブレじゃ・・・
必死で見てると酔いそう[たらーっ(汗)]

これから運動会の練習があるし、音楽会もあるし、仕事でも使うから~と
いっぱい言い訳をしながら・・・。

思ったより早く届いたのでうれしいな♪
早く使いたい~♪

まずは、説明書と格闘しないとね。

プロジェクター機能に期待♪
すぐに学校で子どもたちと一緒にダンスのチェックなんてできそうだな~♪


手作り教材 [学校]

今日はせっせと大きな数の学習のために、数カードを作りました。

教科書が変わって、それぞれの位の色が変わったり、表記の仕方が変わったりすると、
前のものが使えなくて・・・。
もう、自分で作った方が早い!

あ、話は飛びまずが、L、dLって、こんなふうに立体で表記するようになったんですよね。
この子たち2年生の時、必死で筆記体(斜体)で練習してたのに・・・。
覚えなおさせるのも大変です。

dlじゃなくて、dLと書くのもすっごく違和感があります。
確かに、Lの小文字は数字の1と間違えそうですけどね。
じゃあ斜体のままでよかったじゃん。

国際的な方に合わせたそうですけどね。
・・・納得いかない。
今まで使ってたプリントとか教材とか教具とか全部使えないじゃーん。

ぶーぶー。

指導要領とか教科書とか、本当に子どもたちのことを考えて作ってほしいです。

しかたがない。
とりあえず手作りでがんばろう・・・。

・・・ということで。
こんなとき便利なのが、ラベル作成ソフト。
名刺大で作って、ラミネートしちゃえば、しばらく使えます。

が、数が大きくなって大量に作らねばならず、1日がかり。

作文とか、夏休み新聞とか、一言日記とか・・・まだ手つかず。
あははー[たらーっ(汗)]

宿題作りは終わったけど、印刷がまだ。

明日早く行かなきゃかなー。

さ、また土日の休みですっかり夏休みボケを取り戻していることでしょう。

明日からが2学期本番!!ですね。

心があったかくなる事故 [学校]

夏休みの作品のことを書きましたが、毎年、ちょっとした事件も必ず起きます。

壊れたとか、壊したとか、なくなったとか・・・。
残念ですが、それは暗黙の了解で持ってこないといけないと思っています。
子どもたちのすることですから、責任取れと言われても困りますよね。
わざとなら話は別ですが、たいていは事故なので。

それなのに、さんざん苦情があって疲れ果てたこともあります。
された方もショックでしょうが、悪気のなかった子の方が、ひどく傷つくこともあります。
難しい問題です。
ひやひやしながら、夏休みの作品展をしています。

今年は、事故が起きながらも、心があったかくなる事件がありました。


夏休みの作品を持って記念撮影していたら、ある女の子の手作りの風鈴が割れてしまいました。

割れてしまった風鈴を前にぼーぜんとパズルをしていたら、
さっさと箒と塵取りを持ってきてくれた子どもたち。
立ちつくす風鈴の持ち主にやさしい声かけをする子どもたち。
せっかくの作品が壊れてしまった友だちの気持ちを一生懸命考え、行動する子どもたちの姿がありました。

その時は、私の不注意でもあるので、その子に申し訳ない思いで頭がいっぱい。
後悔とか情けない気持ちでいっぱいで、本当に頭がまわらなくなっていました。
その子も、自分が手を離してしまったので、ショック状態でした。

そんな気持ちにとっぷりつかっていられたのも、周りの子どもたちの思いやりのある行動のおかげだったのです。

お風呂に入ってぼんやり今日の一日を振り返っているときに、ようやく子どもたちのやさしさに気付き、
じわじわとうれしくて、あったかい気持ちでいっぱいになりました。
いつの間にそんなに成長したんだろう。
私も子どもたちに救われているんですね。

風鈴は結局、留守家庭子ども会に迎えにきたお母さんが事情を聞いて取りに来られました。
「そんなに気にしないで下さい。  自分でしたってこの子も納得してますから、いいですよ。  うちでパズルしてみます。  それも工作の続きですよ。」
と言ってくれました。
私まで思いやってくれるお母さんに感謝です。
本人もにっこり。

割れたことはショックでしたが、こんなふうにあったかく解決できてよかったなあと思いました。

さっそく月曜日、子どもたちみんなにありがとうって伝えておかないといけませんね。

夏休みの自由研究 [育児]

昨日、夏休みの作品を飾りました。

最近は、何日もかけて作った、気合いの入った作品を持ってくる子は少ないような気がします。
本屋でも自由研究のコーナーがあるし、ホームセンターなどでも手芸や工作のセットが売ってるし。
ああ、これを買ったのねって作品がほとんど。
1日ででき上がるものばかり。
ちょっと残念。

私が子どもの頃は、もっと気合い入ってたけどなあ。
親が手伝ったであろうことは明白でも、自分で一から作った木工作や手芸の作品がならんだけどなあ。
何日もかけて親子で作るのが、夏休みの作品のよさだった気がするのですが。
みんな忙しいのかなあ。

と、いいつつ我が家でも、1日で絵を描いて終わったぱる(4年)。
ま、こんなもんでしょ。

たつぴち(6年)は、理科の自由研究という宿題だったので、食塩水と物の浮き方を調べました。
これはなかなかがんばりましたよ。

だんなが食塩水を作り、家にあった野菜や果物、卵なんかを入れていきます。
ミニトマトとナスとキュウリとブルーベリーは我が家で収穫したもの。
他に、なし、卵、トマト、じゃがいもの8種類で調べました。
塩分濃度を変えて調べるのに1日がかり。

たつぴちが写真を撮り、私がパソコンで枠を作り、まとめるのはたつぴち。
パソコンと格闘して3日かかってました。
まあまあのできかな。

さて、どんな結果が出たでしょう?

続きを読む


夏休み思い出ビンゴ [学校]

とうとうスタートしました。

朝からさっそく職員室へ「~忘れました」数人。
「明日持ってきてね」にっこり。
ちょっとがっかりもしましたが、ちゃんと自分で言いに来てくれたのはうれしかったです。

涙目で「作文と自由研究がまだできていません。」
「作文はできれば明日までにがんばって。自由研究は大変だろうから月曜日まででいいよ。」
夏休みの宿題のメインとも言うべき二つが終わってないって・・・[たらーっ(汗)]
でも、宿題忘れて平気じゃないだけでもよしとしましょう。

私も思い返せば、31日にほとんど徹夜で泣きながらやってました。
気持ちはよ~く分かります。
うちの子たちも31日10時ごろ、メインの自由研究が終わりましたから。

そんな感じで、子どもたちも私も夏休みボケがひどい1日でした。
自分の席がどこだか分からなかったり、
友だちの名前忘れてたり、
掃除区域忘れてたり・・・

ボケ解消のリハビリが必要。

今日は、夏休みの思い出もすっかり忘れている様子の子どもたちと、
思い出を思い出す[たらーっ(汗)]思い出ビンゴをしました。

まず、夏休みしたことを次々発言してもらい25こくらい番号をつけながら板書します。
内容は、海や川や遊園地といったレジャーから、昼寝や宿題、夜更かしなどみんなしたであろうことも書きます。
夏祭とか里帰りとかお墓参りなど行事的なことも。

ビンゴ用紙は3年生なら3×3くらいが適当かと。
たくさん印刷してストックしてあるので準備は必要なし。
25この思い出から自分の思い出を番号で書きます。

後は、出席番号で適当に当てて、自分の書いたものから1つ発表してもらいます。
出席番号を思い出すのにも役立ちました。
自分のビンゴ用紙に発表した番号と同じ番号があれば、消す・・・というふうに。

「リーチ!」「ビンゴ!」
「ビンゴした人に大きな拍手~!」
かなり盛り上がりました。
3×3でも、全員ビンゴするにはけっこう時間がかかります。

自分の思い出と友だちの思い出がつながり合い、
ただの数字だけのビンゴより、もっと味わいのある楽しいビンゴでした。
しかも、よいリハビリに。
「久しぶりに鉛筆持った~」という子も。

その後、2学期のめあてを書きました。
ビンゴがちょっと長引いて、残り時間が少なかったけれど、
みんなあっという間にやる気満々で書きあげていました。
夏休みボケを解消し、スムーズな2学期のスタートに『夏休み思い出ビンゴ』お勧めです。

ぼろぼろでスタート [学校]

DSC08746.jpg

うみたま体験パーク「つくみイルカ島」にて*かわいかった~♪

充実した夏休みでした。
あっという間に終わった~。
これも『幸せ』な証拠ですね。

おとといは、鍛練遠足の下見で山登り。
中学年のコースでしたが・・・次の日、筋肉痛。

夏休み最後の日、ついでに胃が痛かったので胃カメラ飲んできました。
軽い胃炎でした・・・[ふらふら]
血液検査の針がなかなか入らないし、しんどかったけど、ま、大したことなくてよかったよかった。
年齢から考えて、一度もしたことないなら大腸検査もしましょう・・・ということになり、予約決定。
ちょっとこわいです・・・。

そんなこんなで、充実しすぎたせいか、ぼろぼろのスタートです。
もちろん、筋肉痛は、今日の方が痛い・・・[たらーっ(汗)]

でも、心は前に書いた通り、軽いのです。

さあ。2学期、がんばるぞーっ[exclamation]
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。